TOP > 不動産投資については

不動産投資については

昨今の色々な事情、例えば少子高齢化現象とか人口減少、余剰な住戸が840万戸とか言われる中で不動産投資を行うことは難しくなって来ています。

最近は借り手市場で不動産賃貸物件の募集においても敷金や礼金、あるいは仲介手数料を割り引くといった家主さんや管理会社も出て来ています。
不動産投資を行う場合には物件選びは重要となります。

まず地方の辺鄙なところではなくて東京都心で主要な駅からの徒歩時間が短くて、周辺には利便施設が揃っているようなところの物件が必要となります。

不動産投資のセミナーに対して関心度が高まっています。

そして学生や社会人のような独身者向けのワンルームというのが需要がありまず固いとされています。不動産投資を行うには少額投資でできるのがワンルーム物件の特徴とされていますが、空室が出るというリスクもあるものです。

これが長引けば住宅ローンを借りている場合には死活問題にもなって来ます。

不動産投資は新築か中古物件かという問題もありますが、家賃が高くても清潔だからということで新しいものを求める傾向もありますが、新築物件も1年経てば中古物件の部類に入ります。

不動産投資に有効な知識の紹介です。

事情によってはその後の近隣の家賃相場から下げざるを得ないようなことも出て来ます。その点では場所が良くて環境にも優れ、見栄えが良い中古物件が狙い目かも知れません。

但し、10年以上経っている物件はその後の事情によってはリフォームを行わなければならない場合もあります。

不動産投資の失敗が勢いに乗っています。

そういう資金も考えておかなければなりませんし、もし空室が出た時に備えて不動産屋とはよく人間関係を持つことも大切です。そして10年前後までは赤字覚悟でいて機会を見て売却し、売却益を得るということになります。