結婚祝いのプレゼントの事はお任せください

結婚祝いのプレゼントの事はお任せください

結婚祝いのプレゼントの事は、お任せください友人や親せきの結婚式に及ばれした時の、女性の服装について記載します。

結婚式のスタイルにもよりますが、基本的に花嫁さんと色が同じになってしまう白のドレスはNGです。

かっちりした結婚式場、披露宴会場の場合は、肩を出す事もNGなので、ドレスの肩が出ている場合はストールやカーディガンなどをはおって肩を隠します。

逆にナイトウェディングの場合はかしこまった服装よりもカジュアルにお洒落な方がよいので、肩を出した方がお洒落な印象になります。

名古屋の婚活情報が様々な条件で検索可能です。

そして、スカートの丈はどういった式でもミニスカートは目立ってしまうので膝丈前後くらいが良いかと思います。

長い丈もお洒落ですが、身長によっては似合わない場合があるので良く鏡を確認する必要があります。

次に靴ですが、妊婦さんでなければヒールが合った方が、身長が高く見えとてもお洒落に見えます。



そして、バックストラップのある靴がカジュアル過ぎず、スマートに見えます。



どんなに仲良しの間柄でも、バックストラップがあり、つま先の隠れる靴が礼儀正しいと思います。サンダルやミュールは歩きにくい事もありますが、カジュアル過ぎるので避けた方が無難です。


アクセサリーに関しては好みのモノを身につけて良いかと思いますが、あまり地味になり過ぎないよう少し大きめのモチーフを見に佑結婚式に華を添えられます。

パールやゴールド、シルバーなど、出来れば統一した方が綺麗に仕上がります。
バックはなるべく小さなモノを持つと全身のバランスがとれて良いと思います。

お金や携帯電話や化粧品が入る程度の小ささだと良いと思います。
最後に髪型ですが、美容院でセットしてもらうと、とても華やかにヘアアレンジしてもらえるのでお勧めですが、時間の関係や費用の関係もあるので、自分でアップスタイルをしても素敵です。


髪の毛がボサボサは問題外ですが、丁寧にブローするだけでもだいぶお洒落に見えます。


結婚式に華を添えるのは女性のゲストだと思います。

結婚式には頑張ってオシャレをするのが良いと思います。



Copyright (C) 2015 結婚祝いのプレゼントの事はお任せください All Rights Reserved.